2010年 08月 17日
島根旅日記 Part.3 ~出雲編~

最近、また一段と暑くなって、こまってます。。。。

夜は寝苦しい。

昼は何をしても汗ダクになる。。

何も集中できません。汗

さてさて、マイペース過ぎるテンポで、先月末の島根旅日記を書いております。

今回は、2日目の事、書きますッ!

まずは朝メシから~~! 
食べてばっかりかッ・・・笑
d0163626_19594183.jpg


d0163626_19593527.jpg


d0163626_19592863.jpg


携帯で撮ったんですが、中々イケてるでしょ~~☆

朝も、自然に囲まれた静けさと、爽やかな外の光と、ちょっと虫の鳴き声。
健康的な朝ごはんでした!





1泊目の宿、「湯宿・草菴」を後にして、この日は縁結びの出雲大社へ。

伊勢神宮と並び、出雲大社は神聖なる場所なんで写真はさすがに撮ってません・・・

行った時は”平成の御遷宮”といって、普段はこのお国をおつくりになられたという、大國主大神様がいらっしゃる御本殿の60年ぶりの修復修理工事の為、御仮殿移されていました。
詳細は→http://www.izumooyashiro.or.jp/



オレは1つ驚いた事感じた事が。

海外の人って自分の国の事・歴史を結構知っての上で、他の国へ旅にきてたり、興味があったり・・・と思うんですが、自分の人の事言えないかもしれませんが、日本人の無知な事。モラルやデリカシーやマナーの内こと。。。汗

たかがお参り、されどお参りなんですが、拝み方も知らなければ、修復工事の為に仮殿にいらしてる事もしらない。
ギャーギャー騒いだり、お賽銭を思いっきり投げたり、
大きな音で思いっきり拍手してる人もいれば、静かに”二拝四拍手一拝”を正しくしてる人もいる。
大きなしめ縄に必死でお金を投げて「入ったーー!」「ダメだわ~。」とか言うてる人もいてる。
鳥居をくぐる前の手の清め方も知らないし・・・。

海外の人がいてたんですよ。
一緒にいた日本人の女性が伝えるの難しいやろうに、しっかりと色々丁寧に教えてはりました。
その横にこんな人達がいたので、オレは色々感じる事があって、同じ日本人として、恥ずかしさも覚えました。




そして、出雲大社の参拝を終えて、次は・・・コレ!

d0163626_21373788.jpg


そらぁ~、出雲そばでしょ~~笑

1件目。「かねや」さん
地元の人がすすめる店らしいです。

d0163626_21374892.jpg


2件目。「荒木屋」さん
創業天明年間
伝統の味をあなたに・・・らしいです。

d0163626_21375584.jpg


荒木屋さんのぜんざい。

話せば長くなりますが、10月の事を神無月といいます。
これは当て字で、神話の世界で10月10日に国譲りが出雲で行われました。
その為各地の神様全員が10月は出雲に集まる事から、出雲では神無月ではなく、「神在月(かみありつき)」ていいます。
その神在月を「神在(じんざい)月」ともいい、それが出雲弁でなまって、

じんざい。

じぇんざい!

ぜんざい・・・!!!

はっ!!!!!
ナイスです。笑


歴史に触れて、出雲そばを鱈腹食べた後は、
お土産とか見ながら、島根の単線、レトロな「一畑電車・出雲大社前駅」を見て、
2日目の宿へと向かいました~~!


日本の国って、知らない事がまだまだ多い奥の深い国やと思った。
この国が出来てから、今までいい事も悪い事もそらぁ~色々あったやろうし、それを残す事が大事やと思ったどこぞやの誰かが今まで歴史を残してくれてる。
今を生きてる自分も含めて、自分の国の事、もっと興味を持って、日本人なら他の国の人に恥ずかしくないぐらいもっと色々勉強しなあかんなぁ~って思った。
昔から歴史・社会に関しては疎かった自分。
でもこうやって興味がわいてきたんやったら、今からでも遅くないか。。

そんな、2日目でした。

[PR]

by shoichi-ssss | 2010-08-17 22:01


<< 島根旅日記 Part.4 ~宿...      今日は本町! >>